慰安婦には旧日本軍の関与が実証されている:朝日新聞による記事掲載の意義とは

16469659880_f4376bec23_b

2日、朝日新聞が「(慰安婦問題を考える)「慰安所は軍の施設」公文書で実証 研究の現状、永井和・京大院教授に聞く」という記事を掲載した。 慰安所の設置・管理に、旧…

考古学をドローンやデータ解析が変える:遺跡に触らず発掘を行う未来とは?

maxresdefault (1)

あなたがもしテック業界の人間ならば、ドローン(無人航空機)の未来に心躍らせているだろう。しかしそれは、考古学の専門家たちにとっても同様の変化であるようだ。 ドロ…

「金融市場の伝説」は、日本のオスカー・シンドラー杉原千畝に命を救われた

leo-melamed-0113

レオ・メラメドは、シカゴの金融先物市場を創設した伝説的な人物として、現在でも広く尊敬を集めている。1970年代に、彼によって多くのデリバティブ商品が取り扱われる…

事実:ユダヤ人の彼女は、ナチスのポスターに「完璧なアーリア人」として登場した

c63413b9-b940-419b-8e19-3120699cad25_medium

彼女の名前はヘシー・タフト。幼い頃に彼女は「完璧なアーリア人」としてナチスの宣伝用のポスターに抜擢されたが、ナチス・ドイツの宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスは、その幼…

秘密保護法の成立がほぼ確実、国民は何も出来なかったのか?

10434277715_48581d4fcd_c

自民・公明両党と日本維新の会は、特定秘密保護法案について修正案で合意したことから、与党は26日に法案を通過させる方針を決定した。これにより特定秘密保護法は、今国…

大学生が歴史を研究するとは実際のところなにをしているのか

awi-core-archive_hg

編集部注:本論は、東京大学大学院で歴史学を修了した筆者による寄稿だ。以前アップされた別の筆者による記事を受けて、歴史学についての記事を寄せてくれた。非常に長い記…

「埋葬」という名の経験 – 第一次世界大戦において英国軍は戦死者をどのように扱ったか

1807280-60728_050_ca6992ff

編集部注:本記事は、都内の大学院でイギリス近代史学を専攻する著者による寄稿だ。第一次世界大戦における戦死者の埋葬という興味深いテーマについて紹介してくれた。 &…

アルコール中毒の誕生 −それは病か、自堕落か−

beams

生活保護の問題がクローズアップされるとともに、その受給者の中にアルコール依存症患者やパチンコ依存症患者がいることにも注目が集まっている。(たとえば、「“自業自得…

修士論文が元になった瞠目すべき学術書6選

Timeless_Books

文系の研究者にとって修士論文は特別な意味を持つ。なぜなら、わが国の文系大学院で博士論文を書くのは非常に大変なので、博士論文を在学中に執筆せず、修士論文が人生で最…

世界で影響力の強い20の歴史系ジャーナル:それぞれのインパクトファクターは?

Old newspaper

歴史系のジャーナルにおけるImpact Factorが気になったので、少し調べていたら、『Times Higher Education』に面白いランキングがあっ…

歴史、科学性、物語 — 保苅実と Doing History —

17782-ayers-rock-pv

「歴史は楽しくなくちゃいけない」 – 保苅実 夭逝した歴史学者・保苅実は、著書『ラディカル・オーラル・ヒストリー オーストラリア先住民アボリジニの歴…