4334236917_664fbb9a8d_b

AppleがTeslaを買収するならば、全てのゲームが変わる

4334236917_664fbb9a8d_b

シリコンバレーのゴシップは、しばらくはTeslaが独占するかもしれない。同社のCEOイーロン・マスクがAppleのM&A責任者と会談したことは、一気に世界中を駆け巡った。そして、彼はおそらくAppleのCEOティム・クックとも面会したという。Mashableのピート・キャッシュモアは、こう述べる。「AppleによるTeslaの買収が起こるならば、全てのゲームを変えるだろう」。

 

買収?提携?

この話は、昨年末においてはそれほど現実味の無い噂話に過ぎなかった。1通の公開書簡にはじまり、複数のアナリストがAppleの経営陣に送ったシグナルは興味深いものであったが、世界の電動自転車マーケットを牽引するTeslaがAppleによって買収されることをイーロン・マスクが望むとは思えなかった。正直なところ、今回の会談が、Teslaの未来を決定づけるほどのものとは思えないし、ジョブズ亡き後、投資家からの一定の圧力を受けているAppleがそれを望んでいたとしても、世界中にマーケットを拡大しようと目論んでいる希代の起業家にとっては検討に値する話には見えなそうだ。

しかしながら、少なくともイーロン・マスクが交渉の席にまでやってきたということは、シリコンバレーを代表する2社は、なんらかのポジティブな提携を実現させる可能性があることを示唆している。Mashableは、AppleがTeslaに対して、何らかの「ハイテク業界の巨人の現在と未来の製品にとって役立つ」投資をおこなうのではないかというストーリーを紹介しているが、これは十分に現実味のある話だ。Appleのリチウムイオン電池と、Teslaの未来は何らかの関係を持っているかもしれない。

Googleは彼らの自動車が本当に生まれるのであれば、その中心的なテクノロジーの1つになる可能性もあるイスラエルのスタートアップ「Waze」を買収しているし、Appleも自動車と「iOS」の統合を進めようと躍起だ。世界で最もクールなブランドを築き上げてきたAppleが、次世代の最もクールなプロダクトと協力関係を気付こうとしているのは十分に納得がいく。

 

Photo : www.flickr.com

話題のニュースについて話すことができる新サービスTALKS [トークス]がスタート!
ぜひ上のボタンからこの記事についてコメントを残してみましょう。