2014no1

話題の「人工知能」表紙、広がる議論の行方は?

2014no1

一般社団法人「人工知能学会」の学会誌が、来年1月1日号から大幅にリニューアルをおこない、その表紙がホウキを持って掃除をしている女性型アンドロイドとなっていることが一部で批判を受けていた。この表紙に対しては、公開されてすぐに「男性の性幻想丸出し」「女性差別に見える」という指摘がTwitterなどで見られ、同学会の多くが「男性によって」構成されているためにこうした点に無自覚であったとして批判が集まっていた。

また、「この表紙の作者は女性だったことが12月27日、同学会への電話取材で分かった」とハフィントンポスト日本版が伝えている。1

学会のサイトでは、この表紙が決定した経緯として、学会誌として相応しいかという悩みはあったとしながらも、

しかし、多くの人にアピールすることを考えると、一度は手に取ってみたくなる表紙、ふと目に留めてしまう表紙というのは重要な要素だと思います。一度手に取って中身さえ見てもらえば、その中身に面白さを感じてくれる人もたくさんいるはずです。多くの人に人工知能の魅力や面白さを感じてもらうことは、学会の重要なミッションだと思います。今回、非常に「挑戦的な」デザインが選ばれたのは、そのことを、人工知能学会に関わる多くの人が潜在的にずっと感じていたのではないかと思います。2

と説明していた。

 

表紙に寄せられていた批判

一方で、擁護する声も。

まきむぅ。

 

Photo : 「人工知能学会」ウェブサイト

 

  1. http://www.huffingtonpost.jp/2013/12/27/artificial-intelligence_n_4506691.html []
  2. http://www.ai-gakkai.or.jp/%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E8%AA%8C%E5%90%8D%E3%81%AE%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%A8%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E8%A1%A8%E7%B4%99%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/ []

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するキーワード