mine-kafon-el-destructor-de-minas

これぞデザインの力!画期的な地雷除去法とは?

mine-kafon-el-destructor-de-minas

シンプルで、そして画期的な地雷除去方法が世界から注目を浴びている。アフガニスタン・カーブル郊外で幼少期を過ごした工業デザイナーのマスード・ハッサニ氏による「Mine Kafon(マイン・カフォン)」だ。

なんと、それは最新技術ではなく、風の力で地雷原を動き回り、地雷を踏みわざと爆発させて撤去するというなんともあっけない方法だ。廉価な竹、ゴム、プラスチック、そして少量の鉄でつくられたこの地雷撤去装置は、従来、地雷1基につき平均1200ドルがかかった除去コストを10〜13ドルにまでひき下げる可能性もあり、大きな注目を集めている。

 

 

マスード・ハッサニ氏とは?

ハッサニ氏は工業デザインで名高いアイントホーフェン・デザインアカデミーの卒業制作としてこの作品を開発。同氏は、幼い頃に身の回りにあったものでオモチャをつくって遊んでいたが、その頃に、小さな転がる物体をつくって遊んでいたのだという。しかし、その転がり具合を近所の子供と競争しているうちに、地雷原のある遠い場所までいってしまったことがあり、こうした経験がアイデアの基になっているという。

父親を亡くした同氏は、14歳の時に安全のために国を離れることになり、4年に渡る亡命生活の後にオランダへと移住した。そして、過去60年にわたってその除去方法に変化の無かった分野に変化を起こすため、このプロジェクトがスタートしたという。

 

その後

「マイン・カフォン」は、オランダ政府などとともに2年間にわたっていくつものテストがおこなわれたが、現在のモデルでは軍事用に向かないと判断される。そこで、同氏はクラウドファンディングのサイト「KickStarter」を通じ、新たな試験やプロトタイプの資金を募るプロジェクトを開始した。最終的に、このプロジェクトは多くの賛同者と大手メディアの注目を経て,サクセスした。

現在でも同氏のプロジェクトは進行しており、その詳細は「Mine Kafon」というサイトで確認できる。

 

ギャラリー

Mine-Kafon-Ball-Massoud-Hassani-Knstrct-1 Mine-Kafon-Ball-Massoud-Hassani-Knstrct-2 Mine-Kafon-Ball-Massoud-Hassani-Knstrct-3 Mine-Kafon-Ball-Massoud-Hassani-Knstrct-4 Mine-Kafon-Ball-Massoud-Hassani-Knstrct-7

 

Photo : http://knstrct.com/2012/10/23/mine-kafon-by-massoud-hassani/

話題のニュースについて話すことができる新サービスTALKS [トークス]がスタート!
ぜひ上のボタンからこの記事についてコメントを残してみましょう。