なぜロシアのハッカーは、ヒラリーの次にマクロン候補を狙うのか?[ニュース解説]

1024px-Emmanuel_Macron_(11_décembre_2014)_(2)
石田 健

石田 健

株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。

フランス大統領選挙で、マリーヌ・ルペンとの決選投票に進んだエマニュエル・マクロンが、サイバー攻撃を受けていたことが明らかになった。

マクロンを攻撃したハッカーは、昨年の米・大統領選挙でヒラリー・クリントンを攻撃した集団。

背景・経緯

  • このハッカー集団は「APT28」と呼ばれており、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)と関係があると見られている。
  • APT28は米・大統領選挙で民主党のシステムに不正侵入、クリントン陣営に不利な情報を流した。
  • EUによる対ロ制裁の継続を支持するマクロンに対して、ルペンは親ロ派。このためロシアのハッカーは、マクロンへの攻撃を強めていると考えられる。

現状

  • 現状ではマクロンが勝利するという見方が強いが、ルペンが当選すればロシアへの経済制裁を解除、またシリア問題でも同国と協力する見込み。
  • フランス政府は、ルペン当選を狙うロシアによるハッキングやフェイクニュースの蔓延に警戒。

影響・今後のシナリオ

  • 欧州では今年、イギリス・フランス・ドイツなどで相次いで重要な選挙が開催。
  • 米・大統領選挙でハッキングやフェイクニュースがどこまで影響を持ったのかは不明だが、欧州での各選挙にロシアがサイバー攻撃を通じて介入することが懸念されている。