3

「ストレスは無害」と信じよう!心理学者が語る意外な研究とは?

ストレス社会と呼ばれる現在。あなたはストレスをどのように捉えているだろうか?身体に害を及ぼす悪いもの?あるいはどうにかして回避したいもの?

心理学者ケリー・マクゴニガル氏は、まったく異なる見方を提唱する。以下はその印象的なTEDスピーチの書き起こしだ。

[動画はこちら]Kelly McGonigal: How to make stress your friend

去年、強いストレスを感じた人は?

私があることを告白する前に、皆さんに聞いておきたいことがあります。

挙手をしてほしいのですが、去年、これといったストレスを、ほとんど感じなかった、という人はいますか?では、少しストレスを感じた、という人は挙手してください。では、強いストレスを感じた方はいますか?

私もそうですよ。

1

今のが私の告白ではありません。私の職業は健康心理学者で、私の仕事は、人を健康で幸福な生活に導くことです。

私の告白というのは、これまで10年間、私が人に伝え続けてきたことが、実は人に害を及ぼしていたかもしれない、ということです。

それは、風邪や心血管疾患、あらゆる病気の原因となる、ストレスに関することです。私は何年もストレスを敵とみなし、そのことを言ってきました。しかし、私のストレスに対する考えが変わったのです。また今日、皆さんのストレスに対する考えを変えに来たのです。

ストレスの考え方を根本的に変えた研究

2

まず、ある研究のお話をします。これが、私のストレスへの考えを根本から変えてしまったのです。

その研究とは、8年間の追跡調査です。3万人のアメリカ成人を対象とし、「ストレスは健康の害になると思うか」「去年はどれくらいのストレスを感じたか」というような質問に答えてもらい、そののち、公開される死亡記録から、参加者のうち亡くなった人を調べました。

始めは悪い知らせです。死亡リスクが高かったのは、強いストレスを感じた人たちで、それは43%も上でした。ただし、これが当てはまるのは、「ストレスが健康の害になると信じている人たち」だったのです。

2

「ストレスが健康の害になると信じてない、むしろ無害だ」と思っている人たちは、強いストレスを感じても死亡リスクは上がらず、さらには参加者の中でもリスクは最も低かったのです。これはストレスをほとんど感じなかった人たちと比べてもそうでした。

この研究で、ストレスではなく「ストレスは害だと信じる」ことで死期を早めた人が、アメリカでは8年間で18万2千人に上りました。死者数を年に換算すると2万人以上です。

この数値と推定が正しければ、「ストレスが害だと信じること」は、皮膚がんやエイズ、殺人よりも高い、去年のアメリカの死亡原因の15位にあたることになります。

私はストレスは害だと人に教え続けていた

私はストレスは害だと人に伝え続けていたので、この研究結果には寒気がしました。

ストレスに対する考え方を変えれば、人は健康になれるのか?という疑問が私の中で湧きましたが、科学はイエスと言っています。ストレスに対する体の反応は、考え方を変えれば変化させることができます。

その仕組みを説明するために想像してほしいのですが、今みなさんはストレスを感じさせる実験に参加しています。あなたは、この社会的ストレス・テストの実験が行われる部屋にいます。

目の前には何人もの熟練した審査員がいて、彼らはあなたに、自分の弱点について、5分間の即興スピーチをするよう指示します。
ちょうどこんな風に、ライトやカメラがあなたの顔に向けられ、強いプレッシャーをかけてきます。

さらに審査員は、こんな感じでわざと悪い態度を取って、あなたを落ち込ませようとします。次のステップの数学テストに移るころには、あなたの気分はすっかり落ち込んでいます。

試験官があなたを困らせるような訓練を受けていることは、あなたは知りませんよ?面白いテストですから、一緒にやってみましょう。

3

大きな声で、できるだけ早く、996から7ずつ引いた数字を言ってください。

996からスタートです。

遅すぎます。もっと早くしてもらえませんかね、もっと早くです。だめだ、止めて止めて。そこの人が間違ったのでダメです。やり直してください。あまり上手じゃありませんね、みなさん。
これが実際の実験だったら、心臓が高鳴り、呼吸が早くなり、汗が噴き出して、たぶん少しストレスを感じてしまうだろうということを、分かってもらえましたか?

これは不安感やプレッシャーに上手く対応していない時の兆候として現れる肉体的変化と思われています。

こう考えてみましょう。この反応は、チャレンジに立ち向かえるように、体が準備をし、活力を与えようとしているのだと。

健康が左右されるのは、ストレスへの考え方

ハーバード大学での研究では、まさにこの考え方が参加者に教えられました。自分のストレス反応は、有用なものだと、社会的ストレス・テストの前に考え直させていたのです。

脳に多くの酸素を送るために呼吸が早くなり、行動に備えるために鼓動が高鳴なり、能力が発揮できるように助けている。そう捉えた参加者は、自信を持ち、ストレスや不安が少なくなりました。

しかし、ストレスに対する身体的反応が変わったことが、私を最も驚かせました。心拍数が増え、血管がこのように収縮するのが、通常のストレス反応です。これを理由の一つに、心臓病と慢性的なストレスが関連付けられているのです。もちろん、常にこの状態では健康に悪いのは当たり前です。

しかし、血管がこのようにリラックスした状態になったのは、研究参加者がストレス反応を有用なものと考えられるようになってからです。

これはごく健康的な状態で、心拍数は上がっていましたが、心血管はリラックスしています。この状態に似ているのは、喜びを感じたり、勇気を持った状態なのです。50歳でストレス性の心臓発作を起こすか、90代でも健康でいるかの違いは、この生物学的変化一つの違いで生まれるのかもしれません。

ストレスに関する新しい科学的発見、それは健康が左右されるのは、ストレスへの考え方なのだということです。

ストレスと上手に付き合うこと

4

ストレスを取り除くのはなく、ストレスと上手に付き合うことを目指すことで、私の健康心理学者としてのゴールも変わりました。

去年ストレスがひどかったと手を挙げた人への、ちょっとした予防策です。これであなたを救うかもしれませんね。自分の体がチャレンジに立ち向かおうとし、自分を助けようとしていると、あなたの心臓が高鳴ったときにこの話を思い出してください。

ストレス反応は健康的なものとなり、あなたの体はあなたを信じてくれるでしょう。

5

もう一つの予防策を講じることで、10年以上ストレスを敵視するという失敗を、埋め合わせたいと思います。これから話すのは、ストレス反応の中で最も評価されていない側面です。

それは、あなたを社交的にするのがストレスだ、ということです。オキシトシンというホルモンについて話さなければ、ストレスのこの面を理解するのは難しいでしょう。オキシトシンは非常に注目を浴びたホルモンですね。

ストレスは、お互い助け合うように、あなたを気づかせる

「抱擁ホルモン」という可愛いニックネームが付けられているように、人を抱きしめたときに分泌されるホルモンです。これはオキシトシンが関与しているほんの一部にすぎず、脳の社会的本能を絶妙に調整する神経ホルモンなのです。

他人との関係をより親密にする行動を促すのがオキシトシンで、その作用は大切な人を助け支えようとし、人との共感を高め、友人や家族との身体的接触を強く望ませたりします。オキシトシンを吸引して、同情心や思いやりを強めるべきだという人もいます。

実は、これはストレスホルモンであるということは、あまり知られていません。下垂体はこのホルモンを、ストレス反応の一環として分泌し、まさにアドレナリンが心臓を高鳴らせるのと同じようなものなのです。

誰かに支えてもらいたいと思ったときは、オキシトシンが分泌されています。感じたことを押し殺さずに誰かと話せ、というストレスからくる生物学的反応なのです。人生で困難な時、誰かの助けが必要な時、愛する人と一緒にいたいと思い、お互い助け合うように、あなたを気づかせているのです。

ストレスの新たな一面を知ると、より健康的になれる

8

ストレスのこんな一面を知ると、より健康的になれるのはなぜかというと、脳だけでなく、体の他の部分にも働きかけるのが、オキシトシンだからです。

心血管系をストレスの悪影響から守るのが主な役割の一つなのです。ストレスを感じても血管を弛緩状態に保ち、まるで自然の抗炎症薬です。時に歓迎すべき好影響は、心臓です。

心臓の細胞を再生し、ストレスによるダメージを治してしまうオキシトシンの受容体が心臓にあり、心臓を強くするストレスホルモンなのです。社会的つながりやサポートによって、オキシトシンの体への大きな利点がもたらされます。

このホルモンをおおく分泌させるにはストレス下の人に手を差し伸べ、助け、助けられたりすることです。人とのつながりが、そのストレス反応によってストレスからの解放と回復を早めるなんて、素晴らしいことです。

最後にもう一つの研究結果をお話します。さらに寿命が延びるかもしれないので、よく聞いてください。これも追跡調査で、34歳から93歳までの約千人のアメリカ人が対象です。

「去年どれくらいのストレスを感じましたか」「どれくらいの時間を使って、コミュニティや近所の人、友達を助ける行動をしましたか」という質問を、参加者にしました。公の死亡記録を使い、その後5年間を追跡しました。

「思いやり」が重大なストレスによる死のリスクを下げる

まず悪い報告です。死のリスクが30%増加したのは、家庭の危機や経済的惨事などの重大なストレスの経験です。ここでも私がそういうだろうと感づいてもらえると嬉しいのですが、「しかし」。

しかし、増加したのは全員ではありません。死亡の増加が全くなかったのは、他人への思いやりに時間を使った人々です。まったくのゼロです。

回復力を上げるのは、思いやることです。ストレスからの悪影響は避けられることがわかります。ストレスの経験を変えるのは、どのように考え、どのように対応するか、です。

勇気が出るような生物学的反応は、ストレス反応が自分を助けてくれていると考えるようにすることです。そして、自分の回復力を上げるには、ストレス下にいる人に手を差し伸べることなのです。

もちろん、もっとストレスが欲しい、などと、私自身もわざわざ考えませんが、ストレスに関して全く新しい評価をするようになった、科学的発見でした。心と心臓を繋げるのは、ストレスです。

心臓はあなたに力とエネルギーを与えるために、一生懸命働いています。そして、思いやりの心と鼓動する心臓の両方で喜びと意味を見出すのは、人とのつながりの中です。

これはあなたにとって本当は重大な宣言で、人生に一人きりで立ち向かわなくてよい、あなたは自分を信じることを忘れない、ということです。ありがとうございました。

クリス・アンダーソンとの対話

5

クリス・アンダーソン:驚くべき話でした。寿命の長さとストレスに対する見方が、これほど緊密だったとは。例えばもし誰かが、人生の選択の中で、ストレスの多い仕事とストレスのない仕事と、どちらを選ぶかの違いで、どうアドバイスされますか?

ストレスのある仕事を選ぶことは、自分でやれると信じる限りでは賢明なのでしょうか。

マクゴニガル:嫌なことを避けようとするより、意義のあることを求める方が健康に良いのははっきり言えます。経験するストレスに対応できると信じ、人生の意味を見いだせるものを追及する、というのが一番いい決め方です。

クリス・アンダーソン:素晴らしかったです。ありがとうございました。

ありがとうございました

このページは非営利コンテンツのため、広告を掲載しておりません。またこの書き起こしは、TED Talksおよび各TEDxの定めるCCライセンスを遵守し、自社で作成したオリジナルの書き起こし・翻訳テキストによるものです。

非営利コンテンツ拡大のため、スポンサーになっていただける個人・団体・企業様などは、ad@atokore.com までご連絡ください。

話題のニュースについて話すことができる新サービスTALKS [トークス]がスタート!
ぜひ上のボタンからこの記事についてコメントを残してみましょう。