entame

上戸彩主演『昼顔』、第2話も好調で『HERO』に次ぐ人気ドラマに?

フジテレビ系ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の第2話が24日放送され、平均視聴率が13.5%だったことが明らかとなった。不調が目立つ夏ドラマの目立つ中で元気な推移を見せている数少ないドラマとなっている。

『HERO』に次ぐ人気ドラマ?同じ不倫ドラマ『同窓生』にも圧勝

『昼顔~』は平日昼間に不倫する女性たちをテーマにしたドラマで、視聴率は初回が13.3%と上々の滑り出しを切った。第2話となる今回はそこから0.2ポイントの上昇を見せて13.5%を記録。今期放送されたドラマの第2話の中では『HERO』についで2番目に高い数字となっている。全話の平均視聴率でも2位だ。

初回から第2話にかけて成績をあげ、しかも第2話以降でも二桁をキープすることに成功したドラマは本作と『警視庁捜査一課9係』のみだ。『~9係』の方は実績のある人気シリーズでもあるので、夏に苦戦しがちとも言われるオリジナルドラマである『昼顔~』はかなり健闘していると言えるだろう。

不倫や大人の恋愛を扱ったドラマとしては、TBS系木曜21時の『同窓生~人は、三度、恋をする~』がライバルと見られているが、『同窓生~』は第3話が6.3%の平均視聴率に終わっているので、今回は『昼顔~』がダブルスコアで圧勝を収めたようだ。この傾向が続くのかという点にも注目して、今後の推移を見ていこう。

あらすじは?

『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』は、ドラマは平日に夫を会社に送り出した後、別の男性と恋に落ちる主婦「平日昼顔妻」を題材にした作品。上戸彩演じる主婦・笹本紗和が“昼顔妻”へ身を落として苦悩する様子を描く。その他の出演は、吉瀬美智子、斎藤工、北村一輝、高畑淳子らだ。脚本は『GOOD LUCK!!』、『白い巨塔』、『14才の母』なを手掛けた井上由美子。

第2話では利佳子(吉瀬)の企てで、紗和(上戸)と北野(斎藤)が再会。2人は互いの身の上を語り合うが、その場面を紗和の姑・慶子(高畑)が目撃していた…という展開だった。

同ドラマはエンディングがセクシーなことでも知られ、メインキャストの4人が絡み合う濃厚なシーンが話題となっている。そのエンディングを彩るのは一青窈とSOIL&“PIMP”SESSIONSによる「他人の関係」だ。同曲は1973年に金井克子が発表したシングルで、それをさらに妖艶にアレンジした作品が8月末にリリース予定だそう。こちらの情報も追ってお伝えする。

話題のニュースについて話すことができる新サービスTALKS [トークス]がスタート!
ぜひ上のボタンからこの記事についてコメントを残してみましょう。

SHUTA AKABANE

SHUTA AKABANE

赤羽秀太 | The New Classic 副編集長。Google+ : Google

1件のコメントがあります