entame

一覧で紹介!ジャニーズが主演する2014年夏(7月~9月)放送ドラマまとめ

明治大学法学部では、ジャニーズの人気アイドルグループ・嵐を題材に彼らの文化的側面を研究する講義が開かれている1ように、ジャニーズが日本の芸能文化に与えた影響や意義は(賛否はあれど)大きい。

近年のドラマ事情においては、ジャニーズに所属しているメンバーが主役を務めるドラマが苦戦しがちであるということが言われるが、この様な事例も日本社会のカルチャーや嗜好の変遷といった観点から分析してみても面白いだろう。というわけで、本稿で2014年7~9月期に放送される、ジャニーズメンバー主演ドラマをまとめる。

1.「HERO」

月9ドラマには「HERO」が帰ってきた。主演はもちろんSMAPの木村拓哉だ。彼の代表作「HERO」が13年ぶりに連続ドラマで復活する。シリーズとしても映画版以来7年ぶりだ。劇中でも映画版から7年後の設定で、ヒロインは北川景子にバトンタッチ。この夏は木村演じる型破りな久利生検事が、再び視聴者をクギ付けにすることだろう。

2001年に初放送された「HERO」は、木村演じる中卒で元不良の型破りな検事が、独特の視点と洞察力で真実を追う作品。強烈なキャラクターや個性的な脇役が人気を呼んだ。最近はアンドロイドやホームレスを演じるも数字が伸びず、視聴率神話に影が差してきたとも言われるキムタクだが、ドラマも映画も圧倒的な成功を収めた伝説の作品での巻き返しに期待したい。

共演は、北川景子のほかに、浜田岳、杉本哲太、吉田羊、松重豊、角野卓造、小日向文世、八嶋智人、正名僕蔵、田中要次ら。月曜日21時よりフジテレビ系列での放送だ。初回は7月14日となる。

2.「信長のシェフ」

Kis-My-Ft2の玉森裕太が主演する「信長のシェフ」は2013年1月期に放送されたドラマの続編となる。前回は金曜23時台の深夜枠での放送だったが、今回は木曜20時台に昇格した。

同ドラマは、原作・西村ミツル、作画・梶川卓郎の同名の漫画が原作で、戦国時代にタイムスリップしてしまった現代のフレンチシェフのケンが、織田信長の専属料理人となり、料理の腕ひとつで乱世を生き抜く姿を描く。テレビ朝日の金曜ドラマ枠で放送され、最高視聴率11.7%、平均視聴率10.9%を記録した。この数字は、2014年4月期に評価の高かった嵐・大野主演「死神くん」の9.72%を上回る好成績だった。

共演は、信長役の及川 光博、ヒロイン・夏役の志田未来、秀吉役のゴリ、楓役の芦名星、顕如役の市川猿之助、家康役のカンニング竹山、足利義明役の正名僕蔵、明智光秀役の稲垣吾郎ら。配役にも注目だ。放送はテレビ朝日系列で、毎週木曜日19:58から。初回は7月10日に放送される。

3.「金田一少年の事件簿N(neo)」

Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する「金田一少年の事件簿N(neo)」も、人気シリーズの続編だ。原作は累計発行部数9000万部を超える漫画「金田一少年の事件簿」シリーズ。

同漫画が1995年にKinki Kidsの堂本剛の主演でドラマ化されると、2001年には嵐の松本潤が、2005年にはKAT-TUNの亀梨和也が主演を務めた。昨年からは4代目として山田涼介が同シリーズのスペシャルドラマで金田一一(きんだいち・はじめ)を演じている。そして今回、松本の主演時以来13年ぶりに連続ドラマとして復活することとなった。

共演は川口春奈、有岡大貴、田辺誠一、浅利陽介、山口智充ら。日本テレビ系列で毎週土曜日21時より放送となる。初回は7月19日だ。

4.「水球ヤンキース」

8年ぶりに沢尻エリカが主演を務め、“マウンティング”や副音声の活用など、様々な演出で話題を集めたヒット作「ファースト・クラス」の枠で放送されるのが、Hey!Say!JUMP・中島裕翔主演の「水球ヤンキース」だ。中島はドラマ単独初主演となる。

「水球ヤンキース」は日本初の“水球”をモチーフとしたドラマで、男気を心に秘める熱いヤンキーが、ダラダラと毎日を過ごす“マイルドヤンキー”が通う高校に転校し、ひょんなことから水球に打ち込むことになる物語。

共演は、千葉雄大、山﨑賢人、中川大志、吉沢亮、間宮祥太朗、矢本悠馬、大原櫻子、佐野ひなこ、筧美和子ら。イケメンヤンキー高校生たちによる青春ドラマに注目が集まるが、ホリプロスカウトキャラバン2012のファイナリスト・佐野ひなこ、「カノ嘘」で5000人のオーディションを勝ち抜いた大原櫻子テラスハウス卒業生の中でも抜群の活躍を見せる筧美和子など、美女キャストからも目が離せない。毎週土曜日23:10よりフジテレビ系列で放送となる。初回は7月12日だ。

  1. http://realsound.jp/2014/05/post-487.html []

話題のニュースについて話すことができる新サービスTALKS [トークス]がスタート!
ぜひ上のボタンからこの記事についてコメントを残してみましょう。

SHUTA AKABANE

SHUTA AKABANE

赤羽秀太 | The New Classic 副編集長。Google+ : Google