Map of Europe 1000 AD to present day   YouTube

ヨーロッパ1000年の歴史が3分で分かる動画が興味深すぎる

先日お伝えした様に、欧州議会選挙の結果はヨーロッパの危機を示唆するようなものとなった。「1つのヨーロッパ」という理念には長く、そしてある意味ではわずかな歴史があるが、この空間の複雑な歴史をわずか3分で概観できる動画が興味深いと話題になっている。

キエフ大公国

この動画は、1000年からはじまる。この時にもっとも存在感を放っているのはどこだろうか?そう、キエフ大公国だ。この名前を最近聞いたことがある人は少なくないだろう、そうウクライナ情勢で一躍注目を集めた、同国の首都キエフだ。

Map of Europe 1000 AD to present day   YouTube

画面中央からわずかに右寄り、ポーランドの隣にあるキエフ大公国は、11世紀において中世ヨーロッパの最も発展した国の1つだったのだ。最盛期にはビザンツ帝国との戦いを続けていたが、徐々に衰退が進み、最終的にはモンゴル帝国の襲来によって消滅した国家だ。

1300年代になると、キエフ大公国が消滅して神聖ローマ帝国が力を持ちはじめている。一方でモンゴルの勢力が一気にヨーロッパを侵食している。

Map of Europe 1000 AD to present day   YouTube

ポーランド・リトアニア共和国

14世紀から16世紀にかけてポーランドとリトアニアは連合国を形成していく。1569年ルブリン合同によって正式に生み出されたこの国家は、人口や領土において当時のヨーロッパとしては最大となるポーランド・リトアニア共和国を形成する。

Map of Europe 1000 AD to present day   YouTube

1600年代にかけては、ロシア帝国、ポーランド、オスマン帝国という巨大勢力が東側でしのぎを削る一方、西側にはスペインとフランスが登場。

Map of Europe 1000 AD to present day   YouTube

諸候に分断されていたドイツが、プロイセンを中心に少しずつまとまりを見せ始め、

Map of Europe 1000 AD to present day   YouTube

ハンガリーとドイツの存在が目立つ様になる。

Map of Europe 1000 AD to present day   YouTube

第二次世界大戦から現在

そしてご存知の通り、第二次世界大戦によってナチス・ドイツがヨーロッパ中に侵攻。フランスや東欧諸国にまでその勢いは広がっていき、ヨーロッパの大半がその支配下におかれる。

Map of Europe 1000 AD to present day   YouTube

その後、ソ連が崩壊するまでは一度ヨーロッパの半分が真っ赤に染まり、現在の姿になるまでの様子が映し出されている。

 

 

話題のニュースについて話すことができる新サービスTALKS [トークス]がスタート!
ぜひ上のボタンからこの記事についてコメントを残してみましょう。

12件のコメントがあります

  1. 歴史をよくわかってないのに、この原稿を書くのはさぞかし大変だったでしょうね。