日本No.1の電動バイク・電動三輪   テラモーターズ株式会社

電動バイクのテラモーターズが10億円の資金調達、アジアでの開発体制強化へ

電動バイクを製造・販売をおこなっているテラモーターズは、新たにみずほキャピタルなどを割当先として、第三者割当増資を実施したことを発表した。約10億円の資金をもとにベトナム、フィリピンにおける開発・生産体制を強化していくとしている。

アジアでの開発・生産体制を強化

今回の調達先には、みずほキャピタル以外に、新生銀行、SMBCベンチャーキャピタル、藍澤證券、Fenox Venture Capital、KISCOなどが含まれている。同社は、2015年までに10万台の販売を目指しており、今年7月には世界初となるスマートフォンとの連携機能を装備した電動バイクも販売する。

また、フィリピンの現地法人は、アジア開発銀行が推進する3輪タクシー10万台電動化プロジェクトに参加しており、電動3輪車の開発・生産体制が強化される他、ベトナムの現地法人の体制も強化される予定。

Photo : 同社ウェブサイト

話題のニュースについて話すことができる新サービスTALKS [トークス]がスタート!
ぜひ上のボタンからこの記事についてコメントを残してみましょう。

1件のコメントがあります