2014-brazil-world-cup-stadiums-6

ブラジルワールドカップまで50日!現在のスタジアム建設状況は?

ブラジルワールドカップ開催まで残り約50日となった。同国はワールドカップ会場の建設が遅れていることから、FIFAより警告を受けていることを弊誌では報じたが、現在の建設状況はどのようになっているのだろうか。

懸念される会場は4つだ。特にサンパウロの会場「アレナ・コリンチャンス」は、6月12日に開幕戦が行われる会場であるのにもかかわらず、様々な要因から作業が遅れている。ポルト・アレグレ、クリチバ、クイアバの3会場も若干の遅れが見られた。残りの8会場はほぼ完成しており、その出来も見事なものとなっている。また、ブラジルワールドカップでは建設作業の進捗以外にも、自然破壊や貧困層の強制退去などの問題もささやかれる。開催場を写した以下の画像で、現状を確認していただきたい。

1. マラカナン(リオ・デ・ジャネイロ)

マラカナン競技場はすでに完成した。会場のキャパシティは7万8000人だ。道を挟んでマンゲイラ・スラムに接している。

Let's start with the good news: The Maracana in Rio de Janeiro is finished.

The historic stadium once held nearly 200,000 people. After a renovation, the capacity is now 78,000.

The Maracana is in the thick of Rio, right down the road from the Mangueira slum.

2. エスタジオ・ナシオナル(ブラジリア)

ブラジリアにあるエスタジオ・ナシオナルもすでに完成した。

A bunch of other arenas are ready to go too, like the brand-new Estadio Nacional in Brasilia ...

3. カステロン(フォルタレザ)

こちらも同様に完成済み。

And the gorgeous Estadio Castelao in Fortaleza.

4. ミネイロン(ベロオリゾンテ)

ビヨンセがコンサートを行ったこともあるこちらの会場。昨年末に改修され、6万2000人を収容できる

And the renovated Estadio Mineiro in Belo Horizonte, which hosted a Beyoncé concert last year.

5. ドゥーナス(ナタール)

現在、最新のワールドカップ会場。今回のワールドカップの開催上としては最も小さく、4万2000人の収容となる。それでも建設費用は4億ドル。

The most striking arena from above: the brand-new Arena das Dunas in Natal.

It's the smallest of the World Cup arenas with 42,000 seats. But it still cost $400 million to build.

6. アレナ・ペルナンブーコ(レシフェ)

もう一つの新築の競技場は今年3月に完成した。

On the other end of the spectrum, the newly built Arena Pernambuco in Recife is the ugliest arena.

7. アレーナ・アマゾニア(マナウス)

気候やアクセスの悪さを理由に、各国代表や地元民から批判も上がった開催地マナウスの会場。ジャングルの中心に位置している。この街には強豪のクラブチームが存在しないため、ワールドカップ後の会場の使い道がないことも懸念されている。ソチその他の過去のオリンピック会場と同様の運命をたどらなければいいのだが…。

The most controversial arena is probably the Arena Amazonia in Manaus.

Manaus is in the middle of the jungle, and doesn't have a top-flight club team. It doesn't need a 45,000-seat arena.

It's gorgeous, but its fate after the World Cup is unclear.

8. アレーナ・フォンチ・ノヴァ(サルヴァドール)

湖のほとりにたたずむ会場。前身のスタジアムは観客席が崩落する事故の後に取り壊され、昨年4月に開場した。

The Arena Fonte Nova sits on the shores of the Dique do Tororo lake in Salvador.

It had to be repaired last year after a portion of the roof caved in.

The arena is owned by the state of Bahia, and should have a long legacy after signing a $100 million sponsorship deal with Itaipava.

9. アレーナ・コリンチャンス(サンパウロ)

建設作業の遅れが最も懸念されるのがアレーナ・コリンチャンスだ。5月中旬にテストイベントが行われる予定。グラウンドは文句のない状態で、客席のシートの設置が急ピッチで進められている。

And now we get to the unfinished arenas. The biggest worry is the Arena Corinthians in Sao Paulo.
It's the furthest behind scheduled after the deaths of multiple construction workers in the last year.

The arena is scheduled to hold a test event on May 17 or 18.

The field is lush, but the stadium itself is facing a race against the clock.

10. アレナ・ダ・バイシャーダ(クリチバ)

上は2月時点の画像。現在はほぼ完成しているが、残りの6週間で2万7000席のシートが設置される必要がある。

Another worrisome stadium in the Arena de Baixada in Curitiba. Here's what it looked like in February.

It's nearly finished now, but 27,000 seats still have to be installed in the next six weeks.

A May 14 test event is the hard deadline to finish it.

11. アレーナ・パンタナール(クイアバ)

アレーナ・パンタナールもあと少しで完成だ。見事なスタジアムに見えるが、近づいてみると2階席のシートが設置されていない。今週末には完成式が予定されていたが、それも延期された。

The Arena Pantanal in Cuiaba is painfully close to completion.

It's a stunner ...

But the upper deck has no seats yet.

It was supposed to be inaugurated this weekend, but that was cancelled because of the seats issues.

12. ベイラ・リオ(ポルト・アレグレ)

こちらの会場は、メディア席の完成を残すのみだ。美しい円形をしたスタジアムである。

The last of the 12 arenas, the Beira Rio in Porto Alegre has yet to finish supplemental construction projects for media and sponsors.

Photos: Edison Vara

話題のニュースについて話すことができる新サービスTALKS [トークス]がスタート!
ぜひ上のボタンからこの記事についてコメントを残してみましょう。

SHUTA AKABANE

SHUTA AKABANE

赤羽秀太 | The New Classic 副編集長。Google+ : Google