Google

Googleロゴには「スカラベ」「ミズクラゲ」「エボシカメレオン」「アカフトオハチドリ」などが登場!

Google

4月22日は、地球環境について考える「アースデイ」。さっそくGoogleのロゴもアースデイ仕様に変更されているが、そこに登場しているのは「スカラベ」「エボシカメレオン」「アカフトオハチドリ」「フグ」「ニホンザル」などだ。それぞれ特徴的な外見や特定の地域でのみ生息する貴重な生き物として知られているが、「フグ」や「ミズクラゲ」、「ニホンザル」はさておき、名前もあまり耳にしない生き物も多いだろう。

「スカラベ」とは?

ロゴを見て気付いた人も多いだろうが、これはいわゆる「フンコロガシ」の一種だ。ジャン・アンリ・ファーブルによる『ファーブル昆虫記』でも登場するスカラベだが、単独の種名ではなくいくつもの種が存在する。中南米では、巨大なカブトムシが生息しているがこれらもスカラベの仲間であり、ファーブルの分類はのちに誤認であったことが分かっている。

その名の通り、彼らの特徴は哺乳動物などの糞を転がして球にして運んだ後に、地中に埋めて食料にするのが特徴だが、これ以外にも果物や菌類、腐肉、昆虫を食べるものなどもいる。古くは、古代エジプトで「太陽神ケプリ」と類似していたことから崇拝を集めていたが、現在では主な生息地である南米で開発による急激な減少に陥っている。

「エボシカメレオン」とは?

日本語のエボシカメレオンとは、もちろん烏帽子を被ったような姿から着ているが、英語名である「calyptratus」も「帽子をかぶった」という意味を持っている。主にイエメンやアラブ首長国連邦、サウジアラビアなどで見られるが、日本でもペットとして愛好されており輸入されることも多い。

ちなみに彼らは興奮すると鮮やかな黄色や黒、青色に発色することでも知られており、厳しい生息地の環境などから丈夫なことでも知られており、こうした点がペット人気に拍車をかけている。

「アカフトオハチドリ」とは?

全長8センチの小さなハチドリである彼らは、北米を生息地域としており、南部アラスカからカリフォルニアまで幅広い地域に生息している。エネルギーを節約するために主に夜間に活動し、花の蜜やフィーダーの砂糖水だけではなく、タンパク質摂取のために蚊などの小さな昆虫も食べる。

冬になるとメキシコやフロリダのような暖かい気候を求めて、南東部の湾岸に移動するが、その小さな身体からは意外なことに多少寒さの厳しい地域でも暮らすことが可能である。

「ミズクラゲ」とは?

「ミズクラゲ」は、日本の近海でも最も一般的に見られるクラゲであり、特筆することは無いかもしれない。傘に透けて見える胃腔や生殖腺が4つあることから、「四ツ目クラゲ」とも呼ばれる彼らだが、実は毒の成分は猛毒として知られるハブクラゲの1/4程度の毒を有しており、その量は少ないものの、意外な力を持っているのだ。

話題のニュースについて話すことができる新サービスTALKS [トークス]がスタート!
ぜひ上のボタンからこの記事についてコメントを残してみましょう。